いやー、風邪引いちゃいました。

こんなに本格的に風邪引いたの何年ぶりだろう・・・。
一日じゅう喉が痛くて、咳もとまりません。

もうろうとしながら作った喉の痛みによく効くらしい「大根はちみつしょうが」が本当にすっごく効いたので、ご紹介します。

大根とはちみつの殺菌作用で炎症をしずめる


生の大根おろしの辛みにはイソチオシアネートという炎症をしずめる成分が入っています。
それに強力な殺菌な作用があるはちみつを加えると、喉の痛みを治す天然の薬になるんです。

しかも、はちみつは免疫力をUPしてくれるので、弱った体にぴったり。

さらに、大根おろしは消化を助ける成分も入っているので、胃腸が弱っているときに他の食事と一緒に取ると胃もたれなどの予防になります。

それに体を温めるしょうがを加えた最強レシピ、あっという間に作れます。


大根はちみつしょうがの作り方



2018-01-20-14-09-34


①大根をすりおろす
②はちみつ・しょうが(チューブでも可)とだいこんおろしを混ぜる


これだけです!
「作り方」ってほどでも無いですね 笑

栄養を生かすポイントはこれ!
✔️ 絶対に加熱しない。大根の有効成分は熱を加えると壊れます。
✔️ 作ってから20分以内に食べる。これも大根の成分を逃がさないため。
✔️ 大根の絞り汁も一緒に食べる。


美美子はこれを朝と夜に食べたら喉の痛みと咳がだいぶ良くなりました。

あとは吐き気との戦い・・。
なんか一人暮らしで風邪引くと、「ちくしょう・・・!ウィルスめ・・・絶対に勝ってやる!」
って謎の闘争心が湧いてきます。

皆様も風邪にはお気をつけ下さい。