ジングルベール!ジングルベール!鐘が鳴る〜
クリスーマスーイブはぶりを煮るー ヘイ!!



はい、ということでクリスマスイブですね。
美美子は毎年恒例、一人でぶりを煮てシャンパンと一緒にたしなんでおります。
嘘です。冷蔵庫にたまたまあったので、ついむしゃくしゃして・・・。

煮ました。

画質ひど!!いつの時代の写真なのか。
すごい不味そうですいません。食べたら普通に脂がのってて美味しかったです。
冬のぶりはやっぱり脂がいい味出してますねー。
ぶりの上には大根おろしとネギをのせていますが、これは実は栄養学を取り入れたレシピなんです。
後ほど説明します!

ぶりの脂はいいことずくめ


「脂」というとちょっと抵抗を感じる人もいるかと思いますが、ぶりの脂はDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を含んでいて、脳の働きを良くしてくれます。
アルツハイマーの予防にもなる凄い成分ですから、どんどん食べて大丈夫です。
育ち盛りのお子さんにもいいですね、脳の成長を助けてくれます。
さらにDHAの効果で血液をサラサラにしてくれる効果まであるんです。
すごいよぶり!旬の季節はどっさりの量で200円とかで買えますから、食べない手はないですね。

美容にも効果があるぶり


ぶりは以外とビタミンが多く含まれています。ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンDが特にたっぷり。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を強化するので顔のたるみ予防になります。
カルシウムが顔のたるみを予防する!?
ビタミンEは皮膚の老化を抑える効果がめちゃくちゃあります。さらに血行を良くしてくれるので、冬場にぴったり。

これだけでも凄いんですが、ぶりの血合い(茶色いとこ)は鉄分もたっぷりなんです。
女性はほとんどの人が鉄分不足なので、顔のくすみやくまの改善に鉄分をしっかり取って下さい。
そして、言わずもがな、お魚の良質なタンパク質はコラーゲンを作ってくれます。
お肉もいいんですが、ちょっと胃に重い時ありますからね。
そんな美容と健康に一役も二役もかってくれるぶり、せっかくなので栄養をがっつり体に吸収させるレシピで食べて下さい。

ぶりの食べ方テクニック


まず、ぶりの栄養は水に溶け出します。
調理法は蒸すか、煮て煮汁と一緒に食べて下さい。
ぶりしゃぶも美味しいですが、せっかくの栄養がしゃぶしゃぶしてる内になくなってるので、もったいないです。

ぶり大根がレシピとしては一番有名ですが、これは実は大根の良さを消してるんです。
大根はビタミンCや、消化を助ける色々な成分を含んでますが、どれも加熱すると壊れます。
大根自体はぶりと相性がよく、ぶりに含まれているビタミンDの吸収を良くしてくれるので、すりおろしてぶりと一緒に食べるといいですよ。
ぶりの脂を大根おろしがさっぱりさせてくれます。
でも大根の皮は剥かずに、そのまますりおろして下さいね。皮のすぐ近くにビタミンCがたくさんあるので、剥くと一緒に無くなっちゃいます。

そして、仕上げに白髪ネギをのせます。
ネギはぶりのビタミンB1の吸収を助けてくれます。ビタミンB1は疲労回復に効果があり、イライラにも効きます。
ネギの他には、にんにくやニラでも同じ効果があるので、ぶりと上手く合わせて献立を考えるのもいいと思います。

ぶりの良さ、伝わりましたでしょうか?
クリスマスイブですから、栄養たっぷりの食事で綺麗になって、明日のクリスマスは・・・・・・・・・整体に行きます!
肩こりひどい人はこっちの記事も読んでみてね!マッサージに行っても治らない肩こりにはコレが効く!

以上!美美子でした!!