美美子の美人化計画  ー美容と健康の研究日記ー

美容と健康マニアの美美子が数限りなく試した方法の中で、効果のあったものだけ記録していく日記です。 お金をかけずに美しく健康的に生きて行く方法を日々実行中!ときどき迷走します。

vVi0_W8IEspHeic1525658616_1525658694


今日は、女子界最強生物「隠れ巨乳」について語りたいと思います。

巨乳って言っても、叶姉妹みたいなロケットおっぱいではなく、「あれ?痩せてるのにしっかりおっぱいあるじゃない!」っていうレベルの巨乳です。
普段は強調してないけど、ぴったりしたニットとか着ると、たわわな膨らみが・・・・みたいな。

芸能人でいうと、上戸彩とか、綾瀬はるかみたいな感じですかね。

Cafegoogirl_145427_1


もうね、あれズルい。勝てないよ。
ぶっちゃけちゃうと、「美人だけど貧乳」と、「顔はあんまり良くないけど隠れ巨乳」だったら、後者のほうがモテると思います。
「恥ずかしいから隠してるんです」みたいなフリでもしときゃあ、男なんて発情期の犬みたいになりますよ。

でもね、美美子、己の貧乳をなんとかしようと、美容クリニックの先生に相談してみたことがあるんですよ。そしたらそこのクリニック、自分とこで豊胸手術してるのにもかかわらず「あれね、触るとバレるよ!」ってあっさり。

「豊胸した胸は観賞用だからねー。触ったらバレないわけないよ」ですって。

もちろん、本気で手術してまで巨乳にしたかったわけじゃないですが、なんかガッカリ。もう私が巨乳になれる可能性はゼロなのね・・・。

ちなみに、自分の脂肪を吸引して胸に注入する方法とかもありますが、お医者さんいわく「結構しこりになる」んだそう。それで毎回乳がん検査とか引っかかっちゃう人もいるらしいので、あんまり気軽にやるもんじゃないですね。

しっかし羨ましいな隠れ巨乳。結局さ、男の中には「おっぱいよりも足フェチ」とか言ってる奴もいますが、アレかっこつけてるだけですからね。んなわけあるかって。

目の前に巨乳が立ってるのと、足の綺麗な子が立ってるのだったら、絶対巨乳見ますからね。

もうね、美美子、息を引き取る最後の瞬間に「ら・来世は・・・巨乳になりたい・・ガクッ」って死にます。そんで来世も貧乳に生まれたら、この世のすべてを呪って、世界を暗黒の闇に包み込む大悪魔ルシフェルとして神に反旗をひるがえしますね。

そして、草1本生えなくなった不毛の大地に立って、ルシフェル美美子は高笑いするわけですよ。

結局貧乳ですけどね・・・。


zdhe49x7AHSjCZ71525589511_1525589597


「大人女子にオススメの、色っぽカジュアルミディアム」
「大人女子の週末旅は、ラグジュアリーなリゾートホテルで」
「大人女子が”オバサン”にならないための抜け感メイク」
「大人女子会は、旬のフルーツを使ったデザートビュッフェで」

えー、とりあえず一言いいたいのですが、「大人」は「女子」ではないですね。当たり前のことですが、確実に「女性」です。

なぜこんな意味不明な造語ができあがったのか。
最初に言い出したやつは、戦後初めて国語辞典を作った金田一京助氏に殴られたらいい。

美美子はなんか、こういう女性の「幼稚性」がとっても薄気味悪いです。
もう顔見ればシミ、しわだらけなのに、自分のことを「女子」とか「オンナノコ」とか言って、いつまで世間に守ってもらうつもりなんだろうと思ってしまいます。

別に美美子自身も自立した大人の女性とはほど遠く、未だに年齢にあらがってボトックスでしわ消したり、若い子みたらモヤッとしたりしてます。
でも、さすがに自分を「女子」とは思いたくないですね。思って欲しくもないです。

でもこういうのって、女は若ければ若いほどいいっていわれてきた長い長ーーい歴史があるからかもしれないですね。「幼稚な女=可愛い」っていう。

とりあえず馬鹿ぶってれば、周りの男性も安心するものだなと女性は感づいているのかもしれません。
女は空気を読むのが上手な生き物ですから、人が望んでいる自分を演じてしまうんですね。

こんな毒吐いといて、美美子も自覚なしに幼稚さをアピールして「女だからしょうがないでしょ?」っていう切り札を使っている時があったかもしれません。

でも、33歳になって、本当に「女性」でありたいなって思っています。それは、パンケーキ食べないとか、外見がババアになっていくいことをあきらめるとかではなくて。

幼稚アピールで「あなたよりも下の生き物です」って下手に出なくても、生きていける人になりたいですね。

上手く言えないですけど。

M2WeNM7u0SbEoPj1525580285_1525580359


人生って長くないですか?

美美子なんてババアだけど、まだ33歳ですよ。
女性って今87歳が平均寿命なんですって。

あと54年かよ・・・。

全然折り返し地点見えないじゃん。しかももっと医学が発展したら、まだ寿命のびるかもしれないんでしょ?

もうね、昔の「人生50年」が1番正しかったんじゃないかと思う。長すぎだよ人生。
しかもさ、今の医療と科学では、どうやったって老化を止めることはできないわけだから、ババアの時間のほうが全然長いじゃないですか。若いときなんて、ほんの一瞬だから。

年々衰えていく気力・体力と、老いさらばえた外見を引き連れてあと54年生きるのかと思うと、もうゴールが全く見えないマラソンに参加してるような気持ちになります。

そう考えるとね、「美魔女」ってある意味すごいなって思うんです。
あの人たち、若さを保つために命がけになってるじゃないですか。

そんで美魔女コンテストとかに自分から出場して、優勝して号泣したり。
2〜3年前までは、なんか「やっちまってる人たち」としか思ってなかったんですけど、あの歳で、あんだけの気力を保ってるのが凄すぎる。

若い子にはいまいちピンと来ない話だと思うけど、これ30歳以上の人は分かってくれる人多いと思うんですよね。もう、若い頃みたいにキラキラした気持ちで夢とか目標とか持てないんですよ。

「この歳まで生きてきてこの程度なんだから、今さらどうにもならんだろ」って気持ちが先に立っちゃうんですよね。「自分の実力だいたい分かったわ」みたいな。

ダメですね。この無気力感。現代病?
でも、そこであの美魔女の人たちのポテンシャルを見てると、なんか素直に「すごいなー」って思うんですよ。

45歳とかで水着審査でビキニ着たり。「娘とは姉妹に見られます!!」みたいな。うん・・・。やっぱやっちまってんな。

でもあのエネルギーは欲しい。美美子の目下の目標は、もっと人生にエネルギーをそそぐことです。

gt8vzPvTu3VJeNu1525520569_1525520808


ジェラートピケってあるじゃないですか。
もっこもこの部屋着?パジャマ?みたいなやつ。

あれを友達に貰ったんですよ。ピンクでうさぎの耳がついたパーカーなんですけど。
あれ、びっくりするほど高いんですね、普通に1万円弱とかするらしいじゃないですか。

それで、着ないと申し訳ないから1回着てみたんですけど、もう、街で見かける「あ、ちょっとヤバいおばさんだな。」って感じの仕上がりでした。

40歳ぐらいの痩せてるおばさんがミニスカートと、ふりふりのレースがついた靴下はいてるみたいな。
そういう感じの人、街で見るじゃないですか。
あとダボダボのパーカー着て、ショートパンツ履いてる人とか。

0001 4


ああいう臭いがしましたね。

でも、私ハタチそこそこの時は普通に着てたんですよね、ああいうフワフワの部屋着。
当時はジェラートピケは無かったですけど(たぶん)、アミングとかでファンシーなやつを買ってました。

そんで、たぶんですけど、別に着た感じもヤバく無かったんですよ。普通にカワイイ部屋着を着てる若い子だったと思います。

あれって、一体なんで「カワイイ格好してるヤバいおばさん」になるんでしょうね?
芸能人とか美魔女とかで、整形しまくって、40歳くらいでもシワとかシミが全然無い人いるじゃないですか。それでもなんかヤバくないですか?

なぜ?皮膚感?オーラ?

きっと、細かい所が違うんでしょうね。髪のツヤが無かったり、首とかデコルテの質感とか、手とか。
もう顔だけ完ぺきに整形しても、追いつかない細部の「老化」が「ヤバさ」を醸し出しているんじゃないでしょうか。あと声とかもフレッシュじゃないし。

美美子は33歳ですが独身なので、何気にちょっと若めの格好をしがちです。
時々ふと買い物中に鏡を見て「あ、ちょっとヤバいなコレ」と思う時があって、最近かなり気をつけてますね。

パステルカラーはデザインによってはセーフ!膝上スカートはアウト!リボンアウト!レースはちょっとならまだ大丈夫でしょう!
って感じです。これでしばらくは行こうと思ってます。

やっぱり自分の「ヤバさ」に敏感になることが、キレイに年を取るために必要なんじゃないかと思います。


0001 3



もうね、鏡見るたびに「ババアじゃねえか!!」って思うんですよ。最近。

美美子の体感的には、徐々に老化していったというよりは、30歳過ぎたら急激にババアになっていった感じですね。「ん?なんかソバカス濃くなった?」→「これシミじゃない?」→「シミだらけやん!!」って感じで、あれ?って思う所からババアまでの期間が短すぎましたね。

とはいっても、別にスキンケアとか日焼け対策とかサボっていた訳ではないんですけどね。
シミやしわに関しては、遺伝やもともとの肌質もかなり関係あるみたいです。

美美子は、美容クリニックの先生に「肌が柔らかいから、たるみやすいし、しわが出来やすい」と言われました。シミに関しては、結構色が白いほうなので、よけい目立つのかもしれません。

あのね、もうこれだけ医学やら科学やらが発展している訳ですから、そろそろ若返りの薬を開発して欲しいんですよ。「老けない薬」じゃダメですよ。だってそれって、今ハタチの子は死ぬまでハタチの外見で、美美子はそこそこババアで一生過ごすわけじゃないですか。

なんかどうにかならないんですかね?なんとか細胞みたいなやつで。
小保方さん、どうにかしてくれないですかね?

そういえば、小保方さんって今めちゃめちゃ整形してキレイになってるって知ってました?

昔の小保方さん↓
2018033004


今の小保方さん↓
obokataharuko-09-259x300


めちゃめちゃ顔違うやないかーーい!!


そういえば美美子も高校生の頃、アイプチで奥二重を二重にした経験がありますね。2年間くらい24時間アイプチしてました。寝る時もしてました。
アイプチで二重にならない人は、人前にでる時だけじゃなくて、ずーーっとやってると結構いつの間にか二重になりますよ。

もうそのころから自分の外見へのコンプレックスが強かったのね・・・・遠い目。

女性って、若返りの薬が手に入ったら、一生若い外見でいられたら、幸せなんですかね?
死ぬ時も「私キレイ?」って言いながら死ぬんですかね。

幸せって難しいですね。

0001 2


「明日から本気だす」と言い続けて12年。明日がいっこうに来ない美美子です。
なんで12年かというと、今年の4月で大学卒業して12年だからです。

学生の時は「本気出さないと!」っていう焦りすら無かったですからね。

たしか社会人になって、デスクワークの仕事についてから体が急にたるみだして、「明日から運動する!」って言ったまま12年。
部屋の片付けとか、お金の管理とか、勉強とか、習い事とか、全部やるって言いつつ12年過ぎてます。

正確にはちょっとやっては辞めてるんですけどね。
っていうか仕事も続かないんですけどね。シャレにならん!

美美子、一度言ったことを続けられる人と、やめちゃう人って何が違うんだろうって考えるんですけど、色々原因はあるにしろ、自分に自信がないとやめちゃうと思うんです。

「これを続けたら自分は絶対成功する!」って信じて、それこそ大成功する自分の姿を具体的にイメージできる人って、やっぱり続きますよね。
でも「自分なんか続けてもどうせ失敗する」とか、「上手く行かないに決まってる」と思うと、ちょっと結果がでないだけでやめちゃう。


あと、これネガティブな話ですけど、「努力遺伝子」ってあるらしいです。
努力する素質を親から受け継いだ人と、そうじゃない人がいることがすでに分かってるんですって。
でもそれをおおっぴらに言っちゃうと、ダメ人間の子どもはダメ人間ってことになっちゃうんで、あんまり公表してないだけらしいですね。

美美子は完全に努力遺伝子ないですねー。
親もパチンコばっかしてましたからね。

だから、出来るだけちっちゃく切り分けて努力するようにしてます。
今日はトイレ掃除だけする!とか。冬服しまう!とか。
ホント、牛歩の歩みです。

でも、40歳になるまでにはもうちょっと努力できるようになってたいです。
もう、これは遺伝子VS美美子。
エイリアンVSプレデター並みの大決戦ですよ。

関係無いけど、一時期本気でプレデターにときめいてた時期がありました。
強いし、何気に優しいし・・・。全然関係ないですけど。


なんの話でしたっけ?プレデターでしたっけ?
そうそう、美美子は今日もプレデターにお似合いの女になるために、牛歩の歩みで努力を続けます。
いつか自分に自信が持てるようになると信じて。

すいません。美美子です。
前回あれだけボトックス失敗した話をせつせつと語っといて、またやっちゃいました。
甘栗剥いちゃいました。

でも、今回は違うんです。
目尻にボトックスを打ったんです!
しかもなかなか成功しました!

まずはボトックスを打った変化はこちら!

1525320838053


1525320881887


スッピン画像のババア臭が凄まじいのはいったん置いときましょう。
あと角度が違うのもすいません。でも、もちろん加工無しですよ。

beforeの写真は「マジで33歳なの!?」っていうくらい深ーいシワが刻まれていますが、afterではそれ以上に笑ってるにも関わらずシワが無いんです。

でも、笑った時の表情が不自然とかそんなことはありません。
前回エラにボトックス打って、顔がゾンビみたいにやつれたのでめちゃめちゃ怖かったのですが、やって良かった!

ちなみに、ボトックスは2回に分けて打ちました。
先生が「足りないかな?という程度に打って、満足出来なければまた足したほうがいい。そのほうが安心。」と言うので、1回目はちょこっとだけ打ってもらって、左目のシワがヒドいほうは効果が無かったので、再度打ってもらって良い感じになりました。

私が行った○ベニュークリニックは、1ヶ月以内ならボトックス追加無料なので、あとからまた追加することを考えて、1回目は少なめに打ってもらったほうがいいと思います。
失敗するとヒアルロン酸みたいに溶かせないですからね・・・。

ちなみに、ボトックスは結構痛いですよ。女性は痛みに強いのでたぶん我慢できる人が多いとは思いますが、それでも健康診断の時の注射よりもかなり痛いです。顔に打つので余計なのかしら?

注射のあとは少しだけ内出血みたいな青あざ?みたいのが出来ましたが、気にならない程度でした。メイクで全然隠せます。



しかし、○ベニュークリニックの先生に、カウンセリングの時に「笑った時のおばさん感がすごいから、ボトックスやったほうがいいYO!」って言われて、ちょっと泣きそうになりました。
実は自分で気にしてるだけで、そんなにたいしたことないかも?気のせいかも?って思ってたのに。

あと、「お尻下がってるから運動したほうがいいYO!」みたいなことも言われて、「そこ相談してないわ!お前医者じゃなかったらセクハラで訴えるぞ!」と言いそうになりましたが、なんとか抑えました。でもなんか、言われてるうちにちょっとクセになりますね。罵ってくる白衣の先生ってちょっといいですね・・・。すいません。


そんなこんなで、ボトックス再挑戦は成功に終わりました!
多分効果が切れたらまたやると思います!誰が私をぶん殴って目を覚まさせて下さい!では!!